鶴見区の窓ガラス交換修理「ガラパゴス!」特別養護施設:勝手口の透明ヒシワイヤー

2014年08月23日 更新

大阪市鶴見区の特別養護施設:共用部分の勝手口ドア・透明ヒシワイヤーガラス交換です。

0108施工前,ガラス修理,大阪市鶴見区 矢印 0108施工後,ガラス修理,大阪市鶴見区

建物のタイプ 学校・病院・施設
窓/サッシの種類  勝手口 スチールドア
メーカー 不明
ガラスの種類 透明ヒシワイヤー6.8mm 76cm x160cm (変形)
作業時間 30分
料金 38,000円(税別)が キャンペーン特価!
コメント             本日はご依頼頂きましてありがとうございました。 物が当たって、ガラスが割れて危険なので、すぐに見に来て欲しいとご依頼があり、現場に急行すると、ワイヤーガラスの変形でした。普通の透明ガラスだったらその場で変形に切断加工できるのですが、ワイヤー入りガラス(防火ガラス)の場合は加工が少し難しく、工場での加工が必要になります。 すぐに加工をして交換作業を行いました。 この様な施設関係や、幼稚園や学校は、物が当たる可能性が高いところなので、網入りガラスやフィルムを挟み込んだ合せガラスや強化ガラスがお勧めです。 本日も、感謝と責任を持って作業させて頂きました!